ピアノ初心者、電子ピアノとアップライトピアノどっちを買うべき?

これからピアノを始めようかという時にまず迷うのが、電子ピアノかアップライトピアノかどちらが良いかということではないでしょうか。

もちろん、賃貸住宅にお住まいであったり、ご近所さんの事を考えたりした結果、電子ピアノ一択ということもあると思います。

でも、住宅事情的に問題ない場合、どうやって決めたら良いのか迷いますよね。このページでは、それぞれの利点と欠点をお伝えしていこうと思います。

電子ピアノの良いところ

電子ピアノは音量の調整が自在にできますし、ヘッドフォンで音を聞くこともできるのが一番の利点ではないでしょうか。家族が寝ていても練習できますし、夜は音量を控えめにしたりすることもできます。

また、最近の電子ピアノは音質的にもグランドピアノの音を実際にサンプリングしたりしているので、なかなか臨場感のある音を楽しめます。録音するのが目的の場合は、アップライトピアノからマイクで録音するよりも、電子ピアノのヘッドフォンジャックから録音したほうが音質が遥かに良かったりすることもありますよ。

また、機種にもよりますがパソコンに接続して作曲の入力用キーボードとして利用できるものもあります。DTMにもチャレンジしたいなら、大変うれしいポイントですよね。

さらに、音が狂わないというのも良いところ。調律の必要がないですよね。

電子ピアノの欠点

電子ピアノは楽器というより家電扱いになりますので、価値がどんどん下がると思ったほうが良いです。また、普通のピアノと比べるとメンテナンスはいらない代わりに、故障しやすいと言うことも出来るでしょう。

また、音は良いとはいえ、体で振動を感じることができません。やはり本物のピアノとは全く違うと言わざるをえないのも事実。

タッチも、最近の製品ではかなりリアルにはなってきましたが、アップライトピアノとは違います。本格的にコンクールに出場したりするのが目標なら、電子ピアノで練習するのはハンディキャップになってしまいます。

アップライトピアノの良いところ

アップライトピアノは電子ピアノに比べて音質的に優れています。どのぐらいの強さで鍵盤を叩くとどのぐらいの音量・音質で出てくるのかという楽器の大切な部分を体で感じながら練習することができますね。

タッチも、本物のピアノなのでメカニカルな動くを体で感じることができます。とはいえ、アップライトピアノはグランドピアノと比べるとタッチでは劣ってしまうのも事実。一般的には満足できるレベルですが、中には不満に感じる方もいるようです。

あと、価値が下がりにくいというのも利点。機種にもよりますが、10年20年使ったあとでも大抵は買取ってもらうことができます。

アップライトピアノの欠点

アップライトピアノは音量の調整や音を消したりすることはできません。消音ユニットを取り付けるとサイレントピアノのように使うことはできますが、それでもピアノの内部で機械が動く音はどうしても響きますし、隣の部屋でも少し気になるレベルの音量になってしまいます。

また、調律をしないと音が狂ってしまいます。メカニカルな部品が多いですので、定期的なメンテナンスを怠るとまともに弾けなくなってしまうことすらあります。

さらに、設置場所にも気を使います。出来ればエアコンのある部屋に置き、人が快適だと思える温度と湿度を保ちたいところ。急激な乾燥・湿潤や温度変化はピアノの木材に確実にダメージとなり蓄積していきますよ。

まとめ

まとめですが、電子ピアノはメンテナンスフリーで扱いやすいので、気軽にピアノに親しみたいという趣味レベルの方にオススメできます。

または、普段本物のピアノによく接する方でも、ご自宅で軽い練習用にご購入されるのも問題ないと思います。

いずれにしても、タッチや音色は店頭でよく確かめてから購入したいですね。

一方、アップライトピアノは、本格的に楽器を始めようという方におすすめ。特に、お子さんの習い事で、将来的にコンクールに入賞したりすることも視野に入っているなら、本物のピアノで練習するべきですね。

住宅事情が限られている場合、消音ユニットを取り付けるか、サイレント機能のあるピアノを購入するのも良いと思います。それでも鍵盤を叩く音は気になる事はありますが、本物の楽器と触れ合うための犠牲と割り切る必要がありますね。

ぜひ、ご自身にあったピアノを購入して満足されることを心より願っています!